METATRON(メタトロン)

メタトロンは、ロシアIPP社の最新生体エネルギー測定器で、

東洋医学やアーユルヴェータなどの考えが広く取り入れられています。

METATRON ではその測定結果から 「貴方にとって大切で必要な食べ物」と 

「貴方にとって避けるべき合わない食べ物」などを知る事が出来ます。

METATRONは低周波の音波(1Hz~9Hz)で全身を測定し、 

体内の臓器や組織の状態を6段階で表します。 

その様子を「人体をオーケストラ」に見立てて例えると、 

脳は指揮者、心臓は第一バイオリン、肝臓はチェロ、腎臓はコントラバス等々・・・ 

これらオーケストラを構成する各々のパートに対して、 

METATRONのヘッドセットから測定用の音波を発すると、

その音波は体内を伝わって、各々のパートに伝わり反射して戻って来ます。

その戻ってきた音波の波形でそのパートの状態が良いか、調律・調整が必要かを表します。       

このように音波が体内を伝わって、各々のパートに伝わり反射して戻って来るという 現象は、 

「全ての物質は固有の周波数で振動している」とする1975年にドイツ人 パウル・シュミットが唱えた

「 レゾナンス理論」を元に「バイオレゾナンス(生体共鳴)」と言われ、

この現象を利用した医療はドイツやロシアで「バイオレゾナンスセラピー」として

認知活用されています。

しかし日本ではまだ「レゾナンス理論」は未知の部分が大きいとしてその科学性は認められていません。

従ってMETATRON もドイツやロシアでは医療機器として認められていますが、

日本ではまだ認められていません。 

詳しくは電話

075-201-4676

またはメールでの

お問い合わせを

 お待ちしています